暮らしに役立つアイディア

住宅購入記〜火災保険の見積もり

投稿日:

住宅購入初期費用の見積もりで、火災保険は3、40万円くらい、と書かれていました。

実際には自分で選べるそうですが、仲介さんが決めた一社の中でプランを選ぶだけだったりします。

進められるがまま、3つのプランから選ぶのもよいのですが、
自分で探して、必要な分だけ保証してもらうという感じにすると、半額以下に抑えられるようです。

安くなるポイント

・10年単位で申し込むと1年単位で申し込むよりやすくなる。

・水災は、条件が厳しい。水災が起こったとしても、保証が受けられるのは床上45cmやら建物の30%が損傷したら、など。

・地震保険も、新築なら本当に必要なんだろうか?大きな地震でも半壊、全壊は、わりと古い家だったりするので本当につける必要があるのか?考える。地震保険は割高。

・免責金額を増やすと保険料がやすくなる。これは有事の時の自己負担額を多めに設定しておくと、保険料がやすくなるというもの。5万円くらいなら出せる、など全部保険でまかなわないようにとしておくと保険料はお得になる。

・家財保険は必要な分に設定。家財がはじめから2000万円設定されていたりする。有事の時に、被害にあった家財の被害額を2000万円まで保証してくれる。自分の家の家財をざっと計算して、保証したい分だけの金額に設定する方が保険料の節約になる。全焼した時のことを考えて見積もる。

銀行の条件を確認する

ローンを借り入れる場合は、火災保険が必須であったりするので、その場合は銀行が設定した条件をクリアできるようにしておくこと。

例えば、査定金額より高く保険額を設定する、
融資日以前に保険を開始させる、など。

 

 

 



-暮らしに役立つアイディア
-

Copyright© 赤ちゃんブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.