妊娠7ヶ月目

はじめての妊娠 7ヶ月目 26週

更新日:

お尻の痛みが悪化して、ついには立てなくなった日がありました。

妊婦腰痛・お尻の痛みで病院で言われたことなど

夜、友人と会っている時に、のどが渇いてアイスコーヒーを飲んだ。
そのせいか、夜眠れなくなる。
朝、起きるとお尻の痛みがいつにも増してひどかった。
起き上がる時、椅子に座るとき、椅子から立ち上がる時、
左のお尻が痛くなる。

先週、病院で相談した時もらったさらしをつけて出勤する。
それでも、痛みが治まらず、きつく締めると、座っている時に苦しいのだが、
苦しいくらいにしめたら、少しよくなった。

夜、帰宅して夕食を食べる時に、さらしをはずし(座っている時に痛いため)
夕食を済ませ、
お風呂に入ろうとすると、体を少しでもかがめるだけで痛い。
足が洗えなかった。
あがってもタオルで足もふけなくて、パンツをはくのも困難。
床にあるものを拾おうとして、座りこんだら、そこから立てなくなった。
そのまま、布団まで動くのにも、お尻に響き、横座りのまま移動して、
なんとか布団にあおむけになった。

だんなさんに連絡して、帰ってきてもらい、病院に電話した。
おなかは張っていないか?
安静にしていれば、痛みはないか?
など聞かれ、
安静にしていたら、痛みが少しは治まるかもしれないので、様子を見るように言われる。
骨盤ベルトをきつく巻いて安静にしていた。

安静にしていると、少しは痛みがひき、トイレに行ったりした。
だんなさんが手伝ってくれようと、手をとって起き上がらせてくれようとするが、
痛くて、立てない。
自分の姿勢をよくした状態で、足の力をつかって立ち上がる方法が一番痛みが少なかった。
トイレに入る時も、少しでも上体を前に倒すと痛い。
座ってから足を少し、開くのも痛い。
次の日、会社を休んで病院に行くと、やはり骨盤のゆるみが原因で、
出産まで仕方ないことだといわれる。
骨盤ベルトを締めて、骨盤を調整するしか方法はないとのこと。
気休めにしかならないと思うけどと、「とこちゃんベルト2」をすすめられる。

7000円もする高価なベルトだが、さっそく買った。(病院の売店に売っていた)
きつく巻いてもらうと、帰り道は、行きよりさくさく歩けるようになった。
でも調子にのって歩いていると、時々、ものすごくお尻に響く。

お尻が痛くなったら、とにかく休む。
休んだら、進む。
こうする事によって、痛みがだんだんやわらいできた。

ベルトをきつく巻いていると、座った時に、恥骨のあたりの皮膚が痛くなる。
しかし、それよりお尻の痛みの方が怖いので、2日間は寝る時もぎっちり巻いた。

すると、だいぶ歩けるようになった。

お尻が痛いと少しでも感じたら、骨盤矯正ベルトを早めに巻き、
痛みがひどくなるのを予防するのが大事なのだそう。

体を温めるのも大事です。特に足を冷やさない!

それからシップなども注意が必要です。
詳しくは以下のページにまとめました。
妊婦腰痛・お尻の痛みで病院で言われたことなど

そのほかの症状:
・あせもが出来始める。
・足のむくみあり。
・先週まで便秘がちだったが、 今週はそうでもない。
・何年も前に開けた右耳のピアスがすぐふさがりかける。左は大丈夫なのに。

今回の診察代
産科:400円
整形外科:610円
とこちゃんベルト:7000円
病院までのタクシー代;1500円
(通院の交通費も診察代同様、高額療養費の対象となるので、領収書をもらうこと)

<<<
前の記事へ 妊婦の腰痛・お尻の痛み
>>>
次の記事へ はじめての妊娠 7ヶ月目 27週

-妊娠7ヶ月目

Copyright© 赤ちゃんブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.