妊娠トラブル 第二子妊活

稽留流産 掻爬手術術後 退院

更新日:

術後から今まで、痛みはほとんどない。
夜はぐっすり寝た。
起きてると、貧血ぽい感覚になることもあったけど、横になれば大丈夫だった。
朝になって、生理痛の軽いのがまた少し感じられた。

四人部屋で3人まで埋まったこの部屋の患者さん、
お隣は私と同じで、お子さんもいるけど、「また」と言ってたので、2回めなんだと思う。
41歳で私より上。
旦那さんも少し落ち着いてる感じだったのははじめてじゃないからか…。
私はもう2度とやだよ…
隣の人ももう次はちゃんと産まれるといいね。

もうひとりの人はなんでだか分からないけど、私より入院の日にちが長いみたい。
お子さんもいるみたい。

次は、絶対ちゃんと産まれてほしい!

そういえば、手術の時に打った筋肉注射は二、三日寝返りとかで痛くなるそう。
今まだ、注射のシールはがしていいのかわからず…つけっぱなし…

朝9時診察があって、診察室の前にあるソファに呼び出される。
妊婦さんもズラーっと並んで、
何週目とか、今お腹の赤ちゃんが何グラムとか、誰々は陣痛に帝王切開だった、とか楽しそうに話してる。
私はお腹ペタンコ(脂肪はあるけど)
悲しかった。

診察室に入ると、一昨日処置した恐怖の内診台にあがった。

昨日手術したばかりで内診したら
まだ痛いんじゃないか、と思ったけど、
普通だった。
まだ、中に血液が残っているから、引き続き収縮剤を飲んで、お腹が痛くなったり、出血がダラダラ止まらなかったら病院にすぐ連絡するように、と言われた。

部屋に帰って、点滴用に刺した針とチューブを抜いてもらった。
このシールは五分後くらいに外していいって言われたけど、血がにじんでいるから、もう少し待とう。
筋肉注射のシールも外してくれた。

次の出産の病院も決まってなかったので、病院の入院費などを聞くことに。

診察の時、隣の人と一緒に待ちになって少し話した。
私の後に同じ先生に手術されたらしい。

その人は3度目の流産で、
一度目と二度目の間に出産があったため、連続3回ではなかったので、
特別な検査はまだしていないのだとか。
一度目は10週で流産し、その時は自然に出て来てしまったため、それはそれで痛かった。
二度目は何週目だったか忘れたけど、
ラミナリアで拡げて、やっぱり痛かった。
三度目は6週だけど、出血があって進行流産になりかけていたので、ラミナリアなしでの手術だった。
なので、今回は痛みはそんなになかったと。

そんな話を聞いたら恐くなる。
次は大丈夫と信じたい。
お互いに…

<<<
前の記事へ 稽留流産 掻爬手術当日
>>>
次の記事へ 稽留流産 掻爬手術 退院後の生活

-妊娠トラブル, 第二子妊活
-, , ,

Copyright© 赤ちゃんブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.