妊娠10ヶ月 妊娠トラブル 妊娠糖尿病

超高齢出産はやっぱり恐ろしい…続々と問題が出てきた検査結果

投稿日:

こないだの診察では、4つもひっかかった点を指摘されました。

  • まず、GBS陽性
  • 血糖値はギリギリセーフだったので、引き続き食事に気を遣うこと。
  • 貧血
  • 羊水が少ないということ。
骨盤が広がるような感覚

GDJ / Pixabay

それ以外にも、血液検査で「L」やら「H」やらがいろいろ表示されているけれど、
これについては何も言われなかった。もう、それどころじゃないって感じなのかしら?

GBSについては、前回のブログ「 助産院での出産NG。病院でオープンシステムによる出産になりました 」に書いた通りです。

血糖値

血糖値については、振り回されて、打ちのめされたあの日に採った血液なので、
ちょっと糖分とりすぎてた時のものなので、
ギリギリ大丈夫なら、まあよかったんじゃないかと思うのだけど、
助産師さんからは、引き続き厳しく甘いものを管理するように言われたので、
残念ながら、お産までは気を付けます。

貧血

貧血については、処方箋が出ました。
薬でなんとかするしかない。
鉄分入り玄米でもだめだったか・・・。
食後にコーヒーも時々とってたのをやめよう。

羊水が少ないこと

そして一番やばいのがこの、羊水が少ないということ。
正常な場合なら、羊水は出産予定日を過ぎてから減るもの。
でも、私の場合は、まだ予定日の3週間前にも関わらず減っている。

羊水が減ってくると、赤ちゃんに栄養が行き届かなくなり、
元気がなくなって、深刻な状態を招く。

羊水が基準値以下に減った場合は、促進剤での出産となる。

羊水を増やすことはできないらしい。

しかも、羊水が減る原因が胎盤の老化だそうで。

超高齢出産は甘くなかった。

だったら、早く生まれて来てもおうじゃないの。
もう前回に乳首マッサージ、会陰マッサージ、運動したりすることにしました!

-妊娠10ヶ月, 妊娠トラブル, 妊娠糖尿病
-

Copyright© 赤ちゃんブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.