育児

子供の気持ちに寄り添うことに感動した栗原類の本

更新日:

栗原類の本を読んだ。

周囲の人の、特にお母さんの子供に寄り添う気持ちが大事だと改めて思った。

発達障害かどうかに関わらず、
子供の成長を人と比べないで、去年の我が子と比べる
というのも大事と思った。

できないことに目を向けるのではなく、
子供ができて、自分にできないことをみつけてほめる

それは、夫や親に対してもそうできたらいいと思った。

アメリカでは、積極的に子供たちの問題に先生が入って、解決策を考える。
日本の場合は、その問題解決が下手で、「チクった」と取られがち。
栗原類は、アメリカで生活していたころのように、困ったことを先生に報告したら、
ほかの生徒にチクったと言われて余計に問題が深刻化したという。

逃げ場がない。
もっと安心できる学校であってほしい。

<<<
前の記事へ 便秘気味。ここ何日かの悩み 29w3d
>>>
次の記事へ 胎児のしゃっくり29w4d

-育児
-,

Copyright© 赤ちゃんブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.