赤ちゃんトラブル

子供の湿疹にステロイドをやめた話

更新日:

 

子供の湿疹にステロイドをやめた話

毎年、乾燥の季節になると肌がアトピーのようになっている娘。

私も耳の後ろが切れて、アトピーのような体質を持っている、といわれたことがあるけれど、昔から慢性的なトラブルもなく肌は強い方。

本を出版して名医といわれる皮膚科にも行ったけど、
結局どこの皮膚科も出すのはステロイド。

この世はステロイド社会

子供の足の親指にひびが入ったら、医師に言われるがまま、すぐにステロイドを塗りこんであげていた。
だって、痛そうだから…

でも、オロナインでも治った。それは、ステロイド以外の治療法を探そう、と思ってから調べてわかったこと。
皮膚科や小児科に行けば、すぐにステロイドを処方されてしまいます。

眼科でもステロイド

目がかゆい、まぶたがはれている、などで眼科に行ってもやっぱりステロイド。
「ステロイドは、ちょっと・・・」というと、別な薬を処方してもらえました。

ステロイドしかないよ、といわれても、私はもう子供にステロイドを使いません。

ステロイドの代わりに

ステロイドは万能薬のように、皮膚の症状を一気に鎮めてくれます。
ただし、それは治しているのではありません。

私の兄弟が、顔のいたるところがかぶれて、化粧もできない状態でした。
これは、ステロイドのせいだといいます。
姪にはこのような思いをさせたくない、とステロイドをやめるよう言われました。

それでも私は「娘が痛がってるから」と症状が出れば仕方なくステロイドを使っていました。

医師はいいます。

”長期的に使用しなければ大丈夫だから”

と。

しかし、もう4年目。
今年も乾燥の季節がやってきました。

私はネットを駆使して、アトピーやステロイドについて調べました。

  • 何も塗らない方法
  • 保湿しまくる方法
  • 食べ物による改善
  • 水による改善

アトピー経験者の友人2人からは、水が鍵を握る、と聞きました。

一人は、お風呂に30万もするトルマリンの装置を入れたら10年来のアトピーが治った。

もう一人は、飲み水を浄水器に通したら治った。と。

我が家での対策

  1. 我が家では、乾燥が原因と考えているので、水をなるべく飲ませるようにしています。
    と言っても、食事のときと、お風呂上がりにコップいっぱいの水を飲むというもの。
  2. 赤くなっている部分に、ヒルドイドを塗らない。赤くなっている部分には、アズノールを塗る。
    1. ヒルドイドを赤くなっている部分に塗ると、炎症を促進してしまう。
    2. ヒルドイドが合わない人もたくさんいる。
    3. アズノールはステロイドではない、炎症を抑える薬。
  3. 赤くなっていない、ただの乾燥した部分には、植物由来の薬を塗る。
    1. 植物由来は、分子が小さいから、肌に浸透するのだとか。
    2. ドイツの防腐剤フリーのものを使っている。
  4. 子供の体は、タモリ式入浴。
    1. 体をせっけんで洗わない。
    2. 親が使うシャンプーもせっけんも、防腐剤フリーのもの、界面活性剤がないものを使用。浴槽に洗い残った液が入らないように。
    3. ついでに、親もパーマや染髪をやめた。
  5. 外食、おかし、冷凍食品を控える
    1. 食品添加物をとらないために、外食、お菓子、冷凍食品を控えた。
  6. 洗濯洗剤も界面活性剤がない、せっけんのものに。
    1. 柔軟剤も肌に合わないので使用していない。

即効性があったもの

  1. 水を飲むこと
  2. 温泉
  3. いちごをたくさん食べた
    1. いちごが肌にいいらしい。

1以外は継続できないが、とにかく水は継続している。

このような対策で、今のところ、ステロイドを使用しなくても、症状の改善が少しずつ見られています。

医師から処方されても、使う前にできるだけ別の方法を考えてみてください。

-赤ちゃんトラブル
-, ,

Copyright© 赤ちゃんブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.