産後の悩み 赤ちゃんトラブル

抱き癖

投稿日:

抱き癖は良くない、というのは昔の話で、
現在は泣いたら放っておくことはよくない、とされている。
泣いても放っておかれると赤ちゃんはサイレントベビーという、何も発しない子になってしまうのだそうです。
それが手がかからないのでいいようですが、愛情の足りない子に育ってしまい、人間関係をうまく気づけない大人になってしまうそうです。
抱っこは大事なコミュニケーションです。
抱っこをすることによって子供も安心しますが、自分も子供を愛おしく思えます。

私の子は、生まれて3日目くらいまでは、抱っこされたいアピールがなかったが、4日目に病院に来客が増え、
寝ている赤ちゃんを次々大人が抱っこしたせいか、
はたまた成長しただけなのか、その夜から抱っこを求めてくるようになりました。

いくら赤ちゃんでも何時間も抱っこしていると腕が腱鞘炎みたいに痛くなってきます。
そこで私は抱っこ紐を購入しました。
はじめて抱っこ紐をつけたときは、違和感があったのか騒いだりもしましたが、
実際に抱っこ紐でだっこして歩くとすぐに寝てしまいます。
外出が必要なときだけしか使わないか、とも思いましたが私の場合は家の中でも毎日使っています。

冬場のおでかけは、抱っこ紐から足がダラーンと出てしまって寒そうなので、足まですっぽり覆われている外用の服を買ったのですが、厚着をさせるとショッピング中に暑くなったりするので、抱っこ紐に直接かけれるカバーが重宝します。

<<<
前の記事へ 新生児乳児湿疹
>>>
次の記事へ ロタウイルスの金額

-産後の悩み, 赤ちゃんトラブル

Copyright© 赤ちゃんブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.