ウイルス性イボ

ウイルス性イボ治療日記7 ダクトテープによる治療

投稿日:

ダクトテープを貼り始めて2週間後。
ウイルス性イボがテープとともに剥がれました!

ダクトテープに貼り付いてとれたイボ

イボは取れてからも2,3日はウイルスが出ているというので、ダクトテープを3日ほど貼り続けました。

そのおかげか、再発もなく半年以上経過しています。(すぐまた別の所にできやすいという話も書いてあったので)

息子は治癒まで1ヶ月半

その後、9月はじめ頃息子(6歳)の手のひらにもイボができました。

小さなイボだったのですが、水いぼのようにも見えました。

ダクトテープを貼り始めたのですが、手のひらだったせいもあって、なかなか定着せずすぐに剥がれてしまいました。剥がれてもつけようとしないので、習慣化するまでも10日ほどかかったかもしれません。

習慣化しだしても保育園で剥がれてしまうと、新たに貼ることができなかったので、時間がかかりました。

時間がかかったせいもあり、貼っている部分は最後の2週間はかゆみが出て荒れてしまいました。それでも、根気よく貼り続けてくれたおかげで、イボはとれました。

真夏ではなかったけど、夏のような暑さが続いていたので、夏場であれば、紫雲膏など他の方法をしてもよかったかもしれません。

靴下を履いて生活する子であれば、足の方が治療に向いているように思いました。

使用ダクトテープ

3M スコッチ ダクトシールテープ 48mm×27m DUCT-27

-ウイルス性イボ
-, ,

Copyright© 赤ちゃんブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.