4歳 おすすめ絵本

4歳の子供が夢中になってる絵本

更新日:

4歳の子供が夢中になってる本

バムとケロのにちようび

図書館の絵本の貸し出しランキングで、「はらぺこあおむし」や「ぐりとぐら」の次くらいでした。

知らない本だったので、借りてくると、やっぱりはまりました。

絵の中に工夫があって、それをみつけるのがうれしくて、楽しんでいます。


バムとケロのにちようび

だれもしらないバクさんのよる

とにかく寝る前に毎晩読んでいます。

自分の夢という存在に気づいて、夢の世界を楽しんでるみたいです。
朝起きると、「こんな夢みたよ」と教えてくれる。

これを見て、いつの間にかカタカナも読めるようになった。


だれもしらないバクさんのよる

 

あいうえおばけのおまつりだ

ひらがなを読めるようになってくる年齢なので、
あいうえおを覚えるのにもいいみたい。

ようかいの名前をたくさん覚えて、
ようかいの特徴で仲間をみつけてみたり、
どれがどのようかいかを指差したりして楽しんでいます。

「言うこときかないと しょうけら が見てるよ」
というと言う事を聞いたりする。

あいうえおばけのおまつりだ (cub label)

おれはティラノサウルスだ

この本は、シリーズで出ています。

どれもやさしい話で、寝る前に読んで欲しがります。
パパはこの本を読んで泣いた。

 

おれはティラノサウルスだ (絵本の時間)

アレクサンダとぜんまいねずみ

英語版の方を読んであげた。
むずかしいので日本語訳を言ったり、感情をこめたりして話していたら、
とても気に入って、寝る前に何度も選んでくれている。
やさしい話です。


アレクサンダとぜんまいねずみ―ともだちをみつけたねずみのはなし

英語版


Alexander and the Wind-Up Mouse (Pinwheel Books)

-4歳, おすすめ絵本

Copyright© 赤ちゃんブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.