出産 妊娠10ヶ月

前駆陣痛が長かったこと。夜不安になったこと。 38w4d

投稿日:

夕方、保育園のお迎え頃から20時くらいまで頻繁にお腹が張ってました。
もうこれはお産につながるんじゃないかと、
子供たちを急いでごはん食べさせて、お風呂に入ってもらって、
急いで入院準備しました。

骨盤が広がるような感覚

GDJ / Pixabay

でも日中、昼寝してなかったから、このまま出産するのは疲れそうだな~と、
本陣痛が来るまでは寝ておくことにしました。

布団に入ってたら、お腹の張り落ち着いちゃった。
しかも、今度は暑くて寝れない。

あまりに暑いので、着替えて、布団から出て、座っていたらまたお腹が張ってきた。

子供たちが寝るまでの間、このまま病院行って産むにしても、子供たちどうしよう?
という不安が強くなってきた。

出産を見たいという上の子。
こんな機会は次はないので、是非とも見せてあげたいのだけど、
興奮して、いろいろ話しかけてきて、気が散るし、やるべきことをやるとき、イライラしそうな不安。
たとえば、助産院や、旦那、タクシー会社等に次々連絡するのに、いちいち質問されそうな感じ…。

その間に下の子はマイペースに、ごはん食べたくない・お風呂入りたくないだとか、トイレにのんびり入ってたりとか・・・。
だめ、というと、ふてくされて、外に出ていく準備の妨げをしたりとか。

この人たち、病院に連れてっても、旦那が仕事中だったら、邪魔になりそうだぞ、と思った。
バラで、下の子だけママ友に預けても、ママと上の子と引き離されて機嫌よくしてられるわけもないだろうし。

そもそもなんで、私一人でこんな考えないといけないの。と思ったら、旦那のことが超ムカついてきた。
早く生まれてくることを一切考えてなかった旦那。
3人目だから余裕と思い込んでるし。
なんの段取りも料金のことも知らないくせに!

結局朝になって、張りはなくなってしまった。
でも、夜旦那いない時にお産することを考えると、やだな。

それを感じて、赤ちゃんも出てくるのやめちゃったのかもしれない。
ごめんね、せっかくがんばって準備してたのに。

-出産, 妊娠10ヶ月
-

Copyright© 赤ちゃんブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.