二人目出産

二人目の出産 2日目 出産のような会陰切開後の排便

投稿日:

 

産後初めてとなる排便が、第二の出産のようでとても勇気と力がいった。

二時間以上格闘してやっとの排便。

会陰切開部分の切れそうな恐怖と、実際ウォシュレットがあたるとチクチクするので、うまく踏ん張れなかった。
あとは、凝り固まった便のせい。

産後すぐから、おならがよく出て、腸の調子が出産前に戻ってきた様子が伺えた。
でも、おしっこするだけでチクチクする会陰切開部分がいきみで開いたりしたら怖い。

2日目の朝には便意があったのだけど、トイレに入ってもいきめない。
時間をかけたけど、出ないのであきらめた。

本日の担当看護師さんが、問診で排便を聞くと、産後3日出てないとだめだから、「出しましょう」と目標を立ててきた。
排便を我慢したりして、腸や膀胱が膨らんでいると、子宮の収縮の妨げになるらしい。

それから、排便でいきんだくらいで会陰切開の傷口が開くなんてことはない、とのこと。

マグミットを飲んで、売店まで歩いて、カフェラテを購入。
マグミットは妊娠中に処方された、便をやわらかくする薬。
冷たいカフェラテ一気飲みでまた便意が来た。

トイレに入ると、いつもなら出そうなのに出ない。
ヒプノバーシングでの呼吸による押し出し(いきまないやつ)を行うも、なかなかでない。

水をじゃんじゃん飲んだ。

今度こそはと再びトイレに行くと、今度はもう出口まで来ているのに、硬すぎて出ない。
ウォシュレットをお尻の穴に当てて、中に水が入ると出る、というのを前に読んだことがあるので、それを実行。

それでも出ない。

もう、出掛かっている、っていう状態なのに、出ないまま、今度はトイレを出て歩くことにした。
こういう状態で歩くことで出たことが前にあったので。

そうこうしているうちに、親が面会にきた。
この間、おしりが気持ち悪いので、座ることなく、水を飲みながら話したりしていた。

親が帰ってからまた少し歩いて、朝の看護師さんに会ったときは座薬を勧められたけど、
それも怖いので、歩き続け・・・

トイレに行き、やっとの思いで出てきた。
明けない夜はない・・・。

まるで分娩。疲れてお腹空いた。

それから入院中は、水分を意識して1日1.5リットルくらい飲むようにした。

 

-二人目出産
-,

Copyright© 赤ちゃんブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.