二人目出産

二人目の出産 当日 分娩 立会い出産

更新日:

ついに分娩室へ。

分娩室で仰向けにしていると、本当に痛い。
この体勢のまま陣痛が来ると声が出てしまう。

夫が入ってきて、隣で声をかけてくれる
「リラックスして。楽しもう」

夫は前回の出産の立会い(別の病院)のときは、手術室っぽい服を着せられて、帽子までかぶらされていたけど、今回は普段着にマスクだけした状態だった。

出産は気持ちいい・・・出産を楽しもう・・・
全然痛くない・・・リラックスして・・・子宮底筋の力を抜いて・・・

深い波がくるたび「あああああーーーーーー!!!!!」と大声をあげて苦しんでしまう。

看護師さんが、
「息を吐いて、足の力を抜いて」という。
言われたとおりにすると体がいかにこわばってたかわかる。

そのうち、「声を出さないで、いきみましょう」といわれ、苦しさのあまりいきむことにしてしまう。

痛みが来たら、息を吸って、息を止めながらいきむ。

先生が破水します、といって手を入れると温かい水がだら~っと流れた。

助産師さんが、「私の顔をみていきんで」という。
2回くらいいきんでまだ出てこないのか~!!って思った記憶がある。

痛みと痛みの間に膣に手を入れて、伸びを確認された感じ。
「切開のため、麻酔しまーす」
ああ、やっぱり切開されるんだ~。でももういいや。早く出てきて~。

「次で赤ちゃんに会いましょうね~」
という合図で、会陰切開。
同時に酸素マスクをつけられた。
気持ちいい空気が入ってくる。

間隔が少しあいた気がする。さっきまでもっと早かったような・・・。

と思っていたら、また波がきた。

「次の波が来たら、息を吸ってから大きく吐いて、もう一度吸ってからいきんでください」

といわれたとおり、吸って、吐いて、吸って・・・・・

「ああああああああああああああーーーーーーー!!!!!!」
では足りず、
「うぐぐぐぐぐーーーーーーーーーーーーーー!!!!!」
と顔にも力が入って、さらに恥骨の方を見ながら、
「ーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!」

としたら出てきた感があり、さらにいきんで、いきんでいきんで、全部出た。

出た瞬間にもう波が来なくなるこの安堵感。

生まれたての赤ちゃんをすぐに胸の上においてくれた。
出てきた~!
小さい~!
よかった~!!

産後の処置

胎盤が出てきて、おなかを冷やして、麻酔して、切開した部分を縫った。

胎盤は、3分か5分かわからないけど、すぐ出る感じではなく、少しずつひっぱり出してる感じだった。
まだかな、まだかな。だんだんその感触が気持ち悪くなってきたのを覚えている。

それから麻酔を7~10箇所くらいして、切開した部分を15分くらいかけて先生が縫ってくれた。
それがまた長く感じた。
一箇所縫っては、チョキンと糸を切り、
最後の方ではチクっとするところもあり、先生に「痛いです」、と言ったりもした。
こういったことで不安になったりもしたけど、あとから聞くと、とても丁寧に縫合してくれたおかげで、
切開したのも一見わからないくらいだそう。よかった!

今回は導尿されなかった。

出産後の対面

縫合が終わると、助産師さんが赤ちゃんを連れてきた。
一緒に再び夫も来た。

赤ちゃんを肩の脇に置いて、夫と二人で見た。
顔も目も手も本当に小さいという印象。

体重を聞くと決して小さい赤ちゃんではなく3000グラム超えていた。

生まれた時間を見て、二人で「もう、上の子起きてるよね。大丈夫かな?」
と、上の子のことを話したりした。

そして、初めてのおっぱいもあげた。
上の子が直前までたまーにおっぱいを吸ったりしていたから、すぐ出るだろう、くらいに思っていたら
全然出なくてビックリした。

二人目でもおっぱいはすぐに出るわけではないんだ。

吸わせることでおっぱいが出るようになる。

とよく言うけど、産前、上の子に吸われていたのはまた違うんですね・・・

上の子が生まれたときには出来なかったゆっくりとした時間が持てて、よかった。

このまま、まだ1時間半は分娩台で休むことになっているので、夫はいったん帰って午後の面会時間にまた来ることに。

出産時の撮影

後日、夫にスマホを見せてもらうと、分娩室での様子や、産まれている瞬間、直後の血のついたままの赤ちゃん、体重計で出生時の体重を計る様子など、けっこう細かに撮れていたのにビックリした。

<<<
前の記事へ 二人目の出産 当日 陣痛
>>>
次の記事へ 名前を産前に考えたほうがよい理由

-二人目出産
-, , ,

Copyright© 赤ちゃんブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.