二人目出産

二人目の出産 0日め

更新日:

第二子は予定日の朝、産まれて来ました。

二人目の出産 当日 分娩 立会い出産

男の子です。

産まれて30分後におっぱいを吸わせてみたけど、まだ出ない。二人目だからすぐ出るかと思ったらそうでもないみたい。おっぱいが出だすのは、産後二日目くらいから。

会陰切開したところの痛み

とにかくこの日は、縫ったところがチクチク痛い。
産まれて二時間後、分娩台から入院する部屋への移動時に、トイレに入って、出る分だけカップに尿を採ってといわれる。
排尿すると、キリキリキリっていう痛みが、尿の出口付近で起こって、怖くて少しずつしか出せない。
拭くのも痛かった。

しかもカップの尿は血で染まってる。思い出しても怖い。

なるべく動かない方が会陰切開の治りがよくなる、とのことなので無駄に動かないように圧力がかからないようにして寝てる。

やっぱりもっと必死に会陰マッサージをするべきだった。

胎盤を見る

分娩室から部屋に戻る間に少しきれいにした胎盤を見せてもらった。

胎盤には、へその緒がついている。

意外に大きく厚みがあり、レバーとかマルチョウみたいな感じのものだったので、見たときはあんまり怖くなかったけど、写真に撮ったので、それを後でみると陣痛の恐怖やらと一緒に見えてしまって、すこし怖い感情がよみがえる。

へその緒もしっかりとしていて太かった。

袋になっている部分がついていて、その中に赤ちゃんが入っていたのだという。

興奮状態で眠れない

日中寝ようとしてもねれない。

眠れないと、赤ちゃんに会いたくなる。
上の子にも会いたい・・・。

二時間おきくらいにトイレに行きたくなるし、おならもよく出る。

おならがよく出るのは、おなかがスッキリしたから、腸が活発になったのかも。
でも!!今はまだトイレで排便とか怖すぎるよ。

トイレは仕方なく行くけど、行くたびにチクチクして、乾きはじめた傷口がまた開こうとしているようで怖かった。

ごはんを食べるのに上半身を起こしていると貧血のような感覚がある。
それから、会陰切開した部分が痛いので円座を借りた。

これが後陣痛?!

二人目の出産で恐れていた二大要素のひとつ、後陣痛。
二人目出産した友達が、とにかく痛くて薬をもらった、と話していた。

夜になるまで約13時間、それらしいものはなかった。

夕食の前に看護士が薬を持ってきて、ひとつは子宮を収縮する薬、ひとつは抗生物質。
子宮を収縮する薬で痛みが来るかもしれない、といわれた。

そして点滴をはずされる。点滴にも子宮収縮剤は入っていたみたい。

夜子宮収縮剤を飲んでから、少しずつ、腰とかが痛くなったりした。
それでも、陣痛の痛みをまだ覚えているせいか、薬をもらうほどではなかった。

寝ると痛みを感じないけど、眼が覚めて、少し経つとまた痛くなったりして、波がある。

眠気が来るまで、何度も陣痛が来たときのことを思い出して、呼吸をスッハーーーしてしまう。
もっと本を読んでおけば、とか反省していたりすると、子宮が収縮してきたりする。

0日目は母子別室

赤ちゃんに会いたいなー、という気持ちもあるけど会陰切開した部分の回復も妨げられてしまうと思うとグッと我慢。

携帯とか見たい気持ちにもならない。
音楽を聴くとか、ポッドキャストを聞くとかしてすごす。

夕方、夫や母が面会に来てくれた。
そのとき、また数時間ぶりの赤ちゃんとの対面。

上の子に頭の形や髪の毛の生え方が似ていて、なんとなく自分の子っていうのがわかる。

でも、泣き声が全然違う。
上の子はおとなしくて、あまり泣かなかったし、声も低めというか太めだった。
二番目の子は、ハスキーな甲高い声が混ざっていて、キーキーしてる。

子供は面会できないので、下の階で待っている。

会いたいなあ。
かわいそうだなあ。

でもママや赤ちゃんに会ったら、余計帰りがつらくなるだろうと思うので、入院中は一度も会わないように決めた。

夜9時頃から眠気が来てやっと寝れる。

二時間おきくらいに目が覚めるけど、トイレに全然行きたくないので、そのまま、また寝る。朝の7時半ぐらいまで、そんな感じに寝れた。

-二人目出産
-, ,

Copyright© 赤ちゃんブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.